SEO対策情報



2007/05/31

SEO対策に役立つウェブマスターツール

SEO対策に役立つウェブマスターツールの魅力をお伝えします。

Googleに、サイトマップを登録しただけで終わっていませんか?

Googleが提供する「ウェブマスターツール」では、ここでしか得ることができない
情報が満載です。

例えば通常、被リンクをGoogleで調べる際には、「link:」を使用します。

例)link:www.seotaisaku.com

しかし、Yahoo!検索とGoogle検索での被リンク数は、大きな開きがあります。

Googleは被リンクを認識していないのでしょうか?
実際にウェブマスターツールにログインして確認しましょう。

ログイン後に「リンク」タブがあります。
多くの被リンクが認識されているのを確認することができます。

「リンク」タブでは、

・サイト全体の外部からのリンク数
・ページごとのリンク数

を確認することができます。

ウェブマスターツールでのみ、Googleに認識されている被リンクを知ることができます。

「link:」の被リンク数と「ウェブマスターツール」の被リンク数の違いを
Googleはヘルプセンターで回答しています。

URL ( http://www.stanford.eduなど) にリンクされているページの
サンプルを検索するには、[Google 検索オプション] ページを開き、
[リンク] 検索ボックスに検索する URL を入力します。
また、Google の検索ボックスでリンクを検索するには、URL を
「link:Stanford.edu」や「link:www.Stanford.edu」のように入力します。
Google: ヘルプ センター

「link:」で調べられる被リンクは、あくまでもサンプルだったのです。

その他にも、ウェブマスターツールには以下の機能があります。

・Googleからのクロール率を変更することができる
・どんなキーワードで上位表示されているのかがわかる
・どんなキーワードからのアクセスが多いか、 など

SEO対策に役立つ情報が多く提供されているだけでなく、
csvファイルにエクスポートすることも可能です。

サイトマップを登録した後も、ウェブマスターツールを有効に活用しましょう。


Google ウェブマスター ツール - ウェブマスター ツール

アクセス解析に基づく成果分析ツール「Web Analyst(ウェブアナリスト)」

このページの先頭に戻る